キャッシング用語解説

キャッシング用語解説

キャッシング用語解説記事一覧

アドオン方式の利率は、実質年率と違い、ローンを組んだ時点の元金に利率を掛けそこからさらに返済回数(年数)分を掛けた金額が利息となります。「100万円 年利10% 36回払い」これをアドオン方式で計算すると、「100万円×10%×3=30万円」になります。

金融機関等が企業や個人に融資する際の利息のこと。「貸出金利」とも言います。民法上の上限金利は、利率制限法により元本10万円未満は年20%以下、10万円以上 100万円未満は年18%以下、100万円以上は年15%以下となっています。

債務者が契約などに基づく債務を自ら履行(弁済)しないことをいう。

数多くの借入先から借金したり、返すために借りるなどを繰り返し、返済が困難になってしまった人のことを言います。

裁判所などの金柑を通さずに、金融会社との話し合いで債権債務を清算する方法です。

債務弁済不能に陥った場合に破産宣告の申し立てを行い、裁判所がこれを受理して、破産宣告を行った状態を言います。

再建型の法的整理手続で自己破産との決定的な違いは、「住宅」や「事業」を手放さなくていいこと。

金利が発生するお金の貸し借りの事を融資と呼びます。

消費者金融などで多く採用されている返済方式です。支払い回数を指定するのではなく、月々のリボ゙支払いコースを事前に設定して、毎月一定の金額を支払う方法です。定額方式(定額リボルビング)、定率方式(定率リボルビング)、残高スライド方式の3つがあります。リボルビング払いは借入金額の残高にあわせて返済金額が変動します。 つまり、返済や追加借入れなどで変化する借入残高に応じて、返済金額が変わっていくというも...

支払困難なときに契約の途中で返済方法や金額などを変更することを言います。一般的には、将来利息をカットしたり毎月の分割金を下げたりと言った方法を取ります。